地方活性化事業

水素エネルギーの利活用ビジョン

従来
 産業ガスや特殊用途向け
 産業工業プロセス利用(石油精製・光ファイバー製造)
 ロケット用燃料

  

現在
 エネルギー利用本格化
 家庭用燃料電池 
 燃料電池自動車 
 水素ステーション

  

これから
 拡がる活用用途
 水素発電・燃料電池(コンビニ・避難所・工場など)
 業務用輸送(バス・鉄道・飛行機・船舶など)
 農業・畜産分野(水素水として)

水素エネルギーや水素水の利活用領域は大幅な拡大が予測されます。特に、地域や施設単位で設置される水素発電システムや燃料電池から得られる電力を、その地域・施設単位で利用する“地産地消型・電力供給システム”は、全国の自治体施設・病院・宿泊施設や災害時の避難所などでの活用が期待できます。また、水素の優れた特性を活かした農業・畜産分野での水素水の活用も今後、さまざまな産業分野で欠かせない技術へと進化していくと考えられます。

地方創生に向けた取り組み

宮崎県小林市

株式会社JHEは設立地である宮崎県小林市とも連携し、水素発電・燃料電池はもちろん、農業・畜産分野への水素の応用による品質と生産性向上の研究を始めます。この地を次世代のクリーンエネルギーの製造拠点、積極的な利活用のフィールドとして促進し、エネルギーの自給率を高めるとともに、環境負荷の少ない地域社会の実現を目指します。そして、地方創生・活性化を実現するビジネスモデルの確立を視野に入れた経営を展開します。