BCP対策事業

BCP対策事業について

・水素ガスを燃料とした燃料電池はBCP対策にも役立ちます。

BCP対策に最適な水素ガス燃料電池の特徴

《水素ガスのメリット》
 ディーゼル燃料などと比較して、ボンベの貯蔵についての規制がありません。
 水素ガスは工業、医療用途で一般的に流通しているため、全国どこでも入手が可能です。

《燃料電池のメリット》
 電池は水素と大気中の酸素を利用して発電を行うため、排気はわずかな水蒸気のみです。
 そのため、ディーゼル非常発電機などと違い、建物内での使用が可能になります。

 以上の事から、非常電源として本体および燃料の建物内での安全な保管と使用が可能である点が従来の非常電源と比較して、優れております。

 また、水素ガス燃料電池はCO2の排出がゼロであるため、カーボンマネージメントの観点から各自治体様のBCP対策にも最適ではないでしょうか?

 JHEでは燃料電池と水素ガスを用いたBCP対策のご提案も行っております。